事業案内

チャレンジ!循環型社会の実現へ!

機密文書リサイクル

個人情報保護法とは

個人の権利と利益を保護するために、本人の意図しない個人情報の不正な流用や、個人情報を扱う事業者がずさんなデータの管理をしないように、一定数以上の個人情報を取り扱う事業者を対象に義務を課す法律のこと。2005年4月より全面施行されました。このことにより機密情報の確実な管理システムを構築することが、企業の信頼を守るためにますます重要な課題となってきました。
機密文書

情報漏えいの企業への影響

  • 信用墜落(顧客離れ、株価下落)
  • 巨額賠償巨額費用・売り上げ低下
  • 行政処分(個人情報保護法による)
  • 株主代表者訴訟、民事訴訟が起こされる可能性

個人情報保護法完全施行による影響

個人情報が流失した場合、民事での損害賠償請求に加えて、行政処分の対象となる。(主務大臣の命令に違反した場合、六ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金) 「個人情報の保護」が法律で定められていることにより、人々の権利としての意識が高まり、情報漏洩時に訴訟などの法的手段に訴えられる可能性が高まります。

セキュリティとリサイクルの融合へ

情報化社会で暮らす私たちと大切な人を守るために、
パーフェクトを目指します

環境整備産業は、2016年5月12日に機密文書リサイクルセンターにおいて、機密文書に関する業務(出張細断・引取細断・引取細断及び溶解)に情報セキュリティマネジメントシステム- ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014の認証を取得しました。

ISMS

移動式機密文書細断車「エコポリスバン」の稼働を通して、さらなるステージ「パーフェクトな情報の消去」を実現するため、九州初の機密文書溶解システムシュレッダー「アルコン」を導入。粉砕・溶解・製紙原料化を経て、再生化へと一連のリサイクルを行います。

フローチャート

フローチャート

機密文書の細断料金について

細断料金については「55円/kg」となっております。
目安として、「みかん箱」一箱分は約20kgなので、1,100円になります。

エコポリスバンについて

エコポリスバンとは個人情報の保護、紙類の減量と再資源化の観点から大型のシュレッダーを搭載した細断専用トラックです。1時間に800kgから約1tの処理能力を誇り、スピーディ且つ安全に細断処理が行えます。
また、個人情報保護の観点からも、お客様の目の前で機密文書を細断するので、企業機密の漏洩がなく安心です。
細断された紙は機密を保持したままリサイクルされます。
エコポリスバン

環境整備産業のエコポリスバンが機密漏えい防止と
個人情報保護法対策を強力にサポートします。

エコポリスバンのメリット

  • 現地まで回収に行きますので、面倒が省けます。
  • 目の前で機密文書の細断を行いますので、安心です。
  • 細断紙片はすべて持ち帰り、リサイクルします。

エコポリスバンはココが違います

  • ハイスピード処理
    小型シュレッダーの20〜50倍の処理能力で効率的に気密を抹消。お客様の立会時間も短時間で済みます。
  • ハイセキュリティ
    細断後の紙片は誰の目にも触れることなく、鍵付きのストックルームへ自動収納されます。
  • 人と環境への配慮
    細断後の紙片はスクリューにより1/1.3〜1.5に圧縮・減容。積載効率を高め、効率的な運用により、人と環境への負担を低減します。

目の前で機密抹消を確認できる
出張細断サービスをオススメいたします。

エコポリスバンで再生紙ができるまでの流れ

フローチャート

※細断後の文書はすべて持ち帰ります

  • 採用情報
  • エコアクション21

アクセス

本社・本社工場
大分市大字下郡3260番地の10
Google Map
097-569-0854
097-569-5693
第一工場
大分市大字下郡1268番地の1
Google Map
食品リサイクル工場
大分市大字福宗字久保鶴613-4
Google Map
機密文書リサイクルセンター
大分市大分流通業務団地1-3-14
Google Map